会長挨拶

静岡県倫理法人会は、本年度設立35周年を迎えました。その中での様々な周年行事の一つとして、ホームページのリニューアルを行いました。21箇所ある拠点単会を紹介するページや、より見やすくなったモーニングセミナースケジュール、また未会員様向けの案内も充実させてみました。ご覧いただいた印象はいかがでしょうか。

さて、本年度はこれまで2年間に渡って掲げてきた静岡県スローガン「実践人であろう」に加え、以下の三つの活動方針も掲げました。この機会に確認いたします。

『活力』 倫理法人会活動への積極的取り組みで会の活力を生み出そう。
『体験』 倫理実践への積極的取り組みにより倫理体験者を生み出そう。
『育成』 役職への積極的取り組みを通じ次代を担う実践人を育てよう。

①各単会の活性化を支援し、②倫理体験者を増やし、③役職を通じて次世代の担い手を育てていくことを、3つの言葉で表したものです。

肝要であるところは文中の「積極的取り組み」です。せっかく取り組むなら何事にも積極的な姿勢がいいですね。前向きな気持ちで、主体的に取り組むことで、己自身と場に『活力』が生まれ、『体験』となり、『育成(成長)』に繋がると信じているからです。

10ヶ月を経過した今、おかげさまで各単会活動や委員会活動においても、これらのキーワードが意識されているのが感じられ、大変嬉しく思うと同時に、益々ぶれずに推進せねばという責任の念もあらためて強く感じております。引き続き、日々の活動の指針としていただくべく、ここに確認させていただきました。

35年という歴史を重ねてきた静岡県倫理法人会は、令和2年度(令和元年9月1日〜)には新しいキャプテンの下、新しいクルー達によって出航します。総勢2400社を超える乗組員達とともに、更なる未知の大海へ挑むのです。「大転換の時代」をしっかりと航海していくために、我々は「純粋倫理」に出会い「万人幸福の栞」を手にしました。絶対とも言えるこの羅針盤を頼りに、家庭を、事業を、地域を、そして日本を、豊かで誇れるものとしていきましょう。そのためにも、この機会に我が県の歴史に思いを致し、これまでを創ってきて下さった先人達に恥ずかしくないよう、残り数ヶ月の任期をしっかりと勤め上げ、「本を忘れず 末を乱さず」を真正面から実践してまいります。一人でも多くの仲間が、この倫理の学びの場で実践し続けていくことを心より願い、以上でご挨拶とさせていただきます。共に成長してまいりましょう。

静岡県倫理法人会
会長 影山 伸和

【事務局-所在地-】
〒422-8062
静岡県静岡市駿河区稲川1丁目3-4
帝警ビル301号

TEL:054-284-5002
FAX:054-266-3551 お問合せフォームからのご連絡はこちら
PAGETOP