活動方針

令和 4 年度 倫理法人会活動方針

「日本創生」と「地球倫理の推進」に寄与貢献する経営者団体を目指す倫理法人会は、誇りある日本文化の自覚と発信、「共尊共生」の理念を実現するため、今後も拡充路線を継承し、閾値と試算した国内 10 万社実現に向け、堅実な普及活動により確実な成果をあげつつ、5カ年ごとに中期計画を設け、段階的にこれに挑む。
現在の中期計画では、来る令和7年度の倫理運動創始 80 年・倫理法人会創設 45 年時に会員社数 8 万社を擁する会へと成長し、10 万社達成を実現可能な距離に引き寄せる。
“ゆるぎない7万社(年間平均7万社)”達成に臨むも、疫禍の影響を受け、達成を目前に控えながら2年に亘り足踏み状態にある。この現状を踏まえ、令和4年度は、純粋倫理を正しく学んで実践に励み、家庭や職場や地域社会における連帯の絆を強化して「倫理共同体」の同士の輪を広げ、“ゆるぎない7万社”を早期に実現し、昨年度に策定した令和7年度までの中期計画に復し、“8万社体制確立”に向けた普及計画を力強く推進する。
併せて、創始者没後 70 年にあたる今年度は、原点に回帰して丸山敏雄先生が志望さ れた、倫理実践者を世に一人でも多く輩出するため、倫理経営で「経営力」を高める会員の増大を着実に推し進める。
中期計画2年目の今年度は、組織強化をはかり委員会制度の改変を実施し、より現実に則した組織へと移行する。各会が設定した中間目標と年度目標を確実に達成すべく、年度の折り返しにあたる2月と3月に「方面会」を開催し、歩みを検証する。
法人スーパーバイザー会、法人アドバイザー会を開催すると共に、法人レクチャラー研修を開催して講師陣の講話能力向上を図る。倫理経営インストラクターの倫理指導力及び講話力を養成する純粋倫理の教育に力を注ぐ。18 年目を迎えた倫理経営の模範企業を証する「倫理 17000」認定制度の充実を図る。また、「事務長・監査会」を開催し、事務局運営が適切になされ、会組織を強力にサポートする力を培う。
地球倫理推進本部と連携し、台湾、アメリカ、ブラジルの活動基盤の安定充実と国情に応じた倫理経営の普及に努める。
尚、令和 3 年 10 月 23 日(土)~24 日(日)に開催を予定していた「倫理法人会全国代表者大会」を疫禍の事情を考慮し、令和 4 年 11 月 5 日(土)~6 日(日)に延期する。

令和4年度 倫理法人会 スローガン

企業に倫理を
 職場に心を
 家庭に愛を
希望を高く 掲げよう
 自ら動こう 8万社!
新たな時代を 突き進もう!

【事務局-所在地-】
〒422-8062
静岡県静岡市駿河区稲川1丁目3-4
帝警ビル301号

TEL:054-284-5002
FAX:054-266-3551 お問合せフォームからのご連絡はこちら
PAGETOP